マンションの売却価格の決め方を解説。

マンションの売却価格の決め方を解説します。

マンションの売却価格を決めるためには、まず不動産会社にマンション価格の査定をしてもらことが必要です。では、このマンション価格の査定は、どの様に行われているのでしょうか?

ここでは、マンション価格の査定方法について順に解説します。

取引事例比較法
対象不動産と条件が近い物件の取引事例から、いくつかの事例を選択し、取引価格の事例から必要に応じて対象物件の事情補正や時点修正を行い、地域要因や個別的要因を含めて、評価する方法です。

原価法

不動産の再調達原価をもとに、対象不動産の試算価格を求める方法です。

再調達原価とは、仮にその不動産を再度調達するなら、いくらかかるかということです。建物とその敷地を別々に計算します。原価法によって求められた価格を「積算価格」といいます。

再調達価格

建物の再調達原価は、建築費などが該当します。こちらを求めるには、建物を建てるための費用を合計する直接法と、類似の建物から費用を割り出す間接法とがあります。

土地の再調達原価は、土地の造成費用等になります。しかし、既成市街地等では、計算が困難なことが多くなります。この場合、土地は、取引事例比較法による更地価格が使用されます。

減価修正

減価修正は、物理的要因、機能的要因)、経済的要因という3つの要因を総合判断して行います。

減価修正の方法は、耐用年数に基づく方法と観察減価法によって行われます。

収益還元法

対象の不動産が将来生み出すであろうと予測される純収益を設定する利回りで割ることにより、対象不動産の試算価格を求める方法です。収益還元法には、直接還元法とDCF還元法の2つがあります。

直接還元法

下記の式に当てはめて、直接還元法を算出できます。

不動産の価格=1年間の収益(純利益)÷還元利回り

純利益とは、収益から費用を差し引いた利益のことです。また、還元利回りとは、その不動産の適正な利回り水準のことで、その不動産のある地域の周辺の物件の利回りなどから計算します。

DCF還元法

DCF還元法とは、その不動産を保有している期間中に得られる純利益と売却によって得られると予想される価格を、現在価格に割り戻して合計する方法です。原価法や収益還元法などの詳しい算出方法は、国土交通省の不動産鑑定評価基準に定められています。

マンション価格の査定は、上記の様な方法を用いて、算出、査定されます。

管理人は、現在マンションを探していますが、出来ましたらデザイン性のあるデザイナーズマンションが良いです。よくデザイナーズマンション 名古屋でネットで検索しています。

デザイナーズマンションは、買うときも売るときも多くの費用が掛かるのが特徴です。

葬儀が終わった直後にすることまとめ。

葬儀が終わった直後にすることは、お葬式の後にやるべきことが沢山あります。なので、今のうちに一体何が待っているのかを知っておきましょう。葬儀前に、喪服がなくて喪服をレンタルした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

事務的な引継ぎ

お葬式後にするべきことは、大きく分けると以下の4つになります。

お世話になった方へのあいさつ・引継ぎ関係
名義変更などの諸手続き
相続などの法的手続き
法要・納骨・供養

お葬式が終わった直後から、すぐに取り掛からなければならないのは、あいさつ・引継ぎ関係です。

まず、お葬式が終わったらすぐに、世話役や受付をしてくださった方からの事務的な引継ぎをします。香典、会葬者名簿、香典帳、供花供物帳、弔電、現金出納帳などを受け取ります。その際、必要経費を立て替えてもらっていた場合もありますので、立て替えはありませんでしたか?と伺い、その場で精算をしましょう。

その日の内に、請求書や領収証、納品書等を整理し、出納帳と照らし合わせ出金額と未払い額を確認します。葬儀に掛かった費用は、相続税の控除対象となりますので、出納帳は正確に記載し、各書類は後からでも全て分かるように保管しておきましょう。会葬者名簿の整理と香典長の整理も、返礼品を贈る際にすぐ必要になりますから、これも忘れずにしておきましょう。

お葬式の翌日からは、あいさつ回りが始まります。

世話役 > 弔辞をいただいた方 > 寺院 > 葬儀をお手伝いいただいた方 > ご近所の方 > 病院 > 仕事先の順番が基本ですので、回りやすいルートを考えましょう。

あいさつ回りに出向くことができない方 、葬儀でお世話になった方、弔辞・弔電をいただいた方などへは、お礼状を送りましょう。

また、お葬式をお知らせしなかった方への死亡通知も送ります。注意点は、密葬や家族葬などを選択した関係で、故人と親しかったにもかかわらず葬儀についてお知らせをしないケースが増えてきているということです。

この場合、何もしなければ後日バラバラに弔問に来られることが考えられますので、それぞれの方への対応にかなりの時間や労力がかかります。

こうした事態を避けたい場合、後日あらためてお別れの席を設けて、死亡通知とあわせてお知らせすることをおすすめします。そうすれば、大体の人数も事前に把握できます。

また、葬儀社への支払いは多くが2、3日中に請求されるので、葬儀前の見積もりと照らし合わせて、不明な点がないかをちゃんと確認してから支払うようにしましょう。

これらを7日以内を目標に終わらせたら、次は名義変更・諸手続きです。量が多くて大変ですが、頑張って片付けていきましょう。

人気のハイブランドをまとめてみました。

人気のハイブランドをご紹介します。ハイブランドをとにかくお手軽に身に着けたいという方は、ブランドバックレンタルで調べてみましょう。

グッチ

グッチは、1921年にイタリアのフィレンツェで創業されたブランドです。

特にここ数年ではファッショントレンドを牽引するぐらいの人気があり、ラグジュアリーとストリートを融合させたスタイルが大きな支持を得ています。

たくさんのラインナップがありますので、自分のお気に入りのものを見つけてみてください。

最近では、最先端のデザインとヴィンテージ感の両方を持ち合わせているアイテムがとても多くあります。また、様々なサイズや型のバッグがありますが、特にショルダーバッグの種類が多く、可愛いアイテムがたくさんあります。

シックなデザインと印象的なロゴで人気のGUCCI。デザイナーのイタリア出身のアレッサンドロ・ミケーレが就任してから、大胆で自由な発想から生み出されるラグジュアリーなスタイルが話題になっています。

バレンシアガ

1914年にスペインで創業したラグジュアリーブランド。ウェア、シューズ、バッグ、アクセサリーなど幅広く展開しています。

2003年に、バレンシアガレザーとスタッズによるデザインのシティが、ファッション雑誌の編集者が好んで持つようになったことでエディターズバッグと呼ばれ、おしゃれに敏感な人たちの間で大人気になりました。

最近においては、大きくロゴをプリントした大胆でモダンなデザインのハンドバッグやトートバッグが人気があります。

ロゴがデザインされたハンドバッグやトートバッグ、キャップが20〜30代の男女に人気です。

シャネル・クロエなどと並び、ハリウッド女優のスナップ写真でよく見かけられるブランドのひとつで、現在のデザイナーはデムナ・ヴァザリア。アレキサンダー・ワンの後任として2015年秋冬コレクションからクリエイティブチームの指揮を執っています。

ファッションアイテムのほとんどを日本法人が取り扱っていますが、セレクトショップへ流通している商品も数多くあります。サングラス類はヴィジョナイズ、コスメなどの商品は、ブルーベル・ジャパンおよびコティ・プレステージ・ジャパンが取り扱っています。

長らく一部のデパートのみの出店で路面店はなかったが、2014年に日本初の路面店・旗艦店として青山店がオープンしている。2019年には有楽町阪急メンズ(リニューアル)や新宿伊勢丹などに大規模な売り場ができ店舗は増えている。

セリーヌ

セリーヌは1945年フランス・パリで誕生しました。医学的見地にたった靴で大成功し、その後婦人服ブランドとして人気になりました。

2018年秋冬までアートディレクターを務めたデザイナーであるフィービー・ファイロが生み出すアイテムに熱狂的なファンがつきました。フィービー時代のラゲージは、いまだに多くの大人の女性が購入しています。

不動産売買における代理と媒介とは?

不動産売買における代理と媒介について解説します。

不動産を売却しようと思った場合、不動産の所有者は自分自身で買主を探して取引を行う方法と、不動産屋を通じて買主を探してもらう方法の2つから選択します。

しかし、不動産の売買を行う場合、自分で買主を見つける事や、複雑な不動産取引を行う事は、専門的な知識がある方でないとほぼ不可能なので、一般的な不動産売買の際には不動産屋を仲介して売買をする事になります。

この時の不動産との契約形態が代理と仲介の2種類があります。

不動産売買における代理と媒介の違いとは?

基本的に不動産売買で最も多いのは、仲介になります。

仲介とは、売主と買主の間に不動産屋が入り取引を仲介してくれます。この仲介の場合には買主と売主の両方ともが仲介手数料を不動産会社へ支払う事になります。

仲介にもいろいろ種類があり、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つの種類があります。

これに対し、代理は、不動産会社が売主の代理となって売買をすすめてくれます。

不動産会社は売主から代理権を得る事によって不動産会社と売主は全く同じ立場になります。
そのため、買主からしてみると、不動産会社が売主のように見えます。

買主側は、不動産会社への仲介手数料は必要なくなります。その分、売主側は、普通の仲介手数料に加えて、買主が支払うはずだった仲介手数料も支払わなければいけなくなる可能性があります。

これは、必ずしも払わなければいけないという事ではなく、取引内容によって決められています。

また、基本的に売主と不動産会社との代理や媒介の契約は書面で取り交わす事になります。

契約の中には、物件調査をする権利であったり価格査定、売買の相手方の検索、売買の相手方との交渉、売買契約の締結と書面の交付、決済、引渡しまで含まれており、売主と不動産会社との代理や媒介の契約が行われれば、そのほとんどを任せる事ができます。

特に専門知識の必要な部分を、専門科に任せられるのは、大きなメリットであると言えます。

しかし、仲介の場合、売買契約を締結するのは売主なので、最後は出て行って契約書を交わす必要があります。

これに対し、代理は、売主と同等の力をもっているので、契約の締結をする事はできるようになっております。

みなさんも、不動産を購入するときは、ネットでよく調べると思いますが、初心者の方は、新築 地域名、中古 地域名などで検索すると良いでしょう。例えば、新築 渋谷区、新築 武蔵村山市などで検索すると良いでしょう。

葬儀の準備には何をする?

葬儀の準備の後には、遺品整理を行いますが、ここでは、葬儀の準備について解説します。

最寄りの遺品整理業者をお探しの場合、遺品整理 名古屋、遺品整理 東京などで調べましょう。

通夜や葬儀の準備を始めるとき、まず葬儀の主催者である喪主を決めないといけません。
喪主は遺族が協議して決めることになります。

喪主は遺族の代表者で、故人に代わって弔問を受ける大事な役割を務めます。また、後々、年忌法要なども主催します。

葬儀では喪主の方が一連の流れを責任をもって行います。このページでは、葬儀での喪主について詳しく解説いたします。喪主は誰が行うのか、実際に喪主になった場合何をすればよいのかといったいざというときに知っておきたい喪主の知識です。

葬儀屋の賢い選び方とは?

通夜や葬儀の準備を始めるときに葬儀屋(葬儀社)を決めます。遺族が望んだ葬儀を行ってくれて、費用も良心的な業者を選びたいものです。

葬儀は誰にとっても慣れないものですが、納得のいく葬儀を行うためには、葬儀社をどう選ぶかが重要です。

日程の決め方について
喪主が決まったら次は葬儀の日程を決めます。

一般的な日程の決め方について

一般的な流れは、

死亡当日→納棺、2日目→通夜、3日目→葬儀、告別式、火葬
となります。

身近な人が亡くなった時、仏教の作法に則って葬儀を執り行うことと思います。

友引の日というのは、死者が友人を呼び寄せるという風習から、葬儀を行わないのが通例となっています。火葬場も友引の日は休みにするところがほとんどです。

友引は「ともびき」と読みます。「ゆういん」と読むこともあったようですが、友引は古くは「共引」と表記したことが見られるので、「ともびき」と読む方が一般的です。

よく友引には葬儀を行ってはいけないと言われています。友引と重なるためにわざわざ葬儀を次の日に伸ばすこともあります。

基本的には亡くなってからすぐに葬儀は行われますが、事情によってすぐに葬儀を取り行えない場合があります。その場合、ご遺体を安置する場所や適切な保管方法を考えるようにしましょう。

また、施設に安置する場合は、料金がかかりますので確認するようにしましょう。

1週間以上経過してしまう場合、費用はかかりますがエンバーミングという方法もあります。
エンバーミングとは科学的処置で遺体を生前のままの姿に保つことです。

喪主や遺族は、僧侶や弔問客の対応に追われるため、葬儀全般の実務を取り仕切る世話役を決めます。友人・知人や会社の同僚などから選ぶのが一般的です。

世話役は基本的に各係の代表です。葬儀の係には、受付や会計、接待、進行係などがあります。

マットレスの主な素材をまとめてみました。

マットレスと言いましても、布団と同じように使われる素材の種類は様々です。逆に言えば、どの素材が使われるかでマットレス自体の性質も大きく変わってきます。

ここでは、マットレスに使われる主な素材と特徴を紹介します。

綿(コットン)
綿は布団にも当たり前のように使われている有名な素材であり、マットレスにも素材として良く使われています。

綿のメリットとは?
綿は保湿、吸湿性のどちらにも優れているため湿気に強い、適度に弾力性がある

綿のデメリット
放湿性が弱いので、他のマットレスに比べるとこまめに手入れをしないと劣化が早くなってしまう
使っているうちに綿が劣化していき、マットレスの寝心地も低下していきます

ウレタン

ウレタンとはウレタン樹脂として接着剤や塗料等に利用されている化合物ですが、マットレスの素材としても使われています。

下記の様な特徴があります。

復元性が高く、劣化しにくい
弾力性が高くクッション性があるため、マットレスにかかる体圧を分散してくれる
断熱性が高く、マットレスが冷たくなりにくい

ウレタンのデメリットとは?
気温の変化によって素材の性質が変わってしまうため、暑いと柔らかくなり、寒いと硬くなります。それによって寝心地に影響がでます。

また、通気性が良くないので、夏場は蒸れやすくマットレスの硬さとは別に寝心地に影響が出ます。さらに、厚みと硬さの調整がしやすい素材であるため、一言でウレタンと称しても様々な性質のマットレスがあります。中でも低反発と高反発に分けられることが一般的です。

低反発とは?

反発力が弱いタイプのウレタンマットレスであり、柔らかい性質で体にフィットしやすく体にかかる負担を軽減してくれます。どのような寝姿勢にも対応しているので、多少無理とされる姿勢でも無理なく睡眠を取ることができます。

しかしウレタンなので、寒いと素材が硬くなってしまい、それによって柔らかさに支障が出る可能性もあります。逆に暑いと柔らかくなりすぎてそれが体への負担になってしまう恐れがあります。

高反発とは?
低反発とは逆に弾力性が高いタイプです。弾力性が高くはありますが、硬さはそこまでではなく柔らかすぎないのでバランスのいい寝姿勢と寝返りをすることができます。

しかし、多少硬いので低反発に比べると体へ与える負担の分散は少なくなります。その分負担がかかってしまうことになり、ウレタンということもあって寒さで硬くなると余計にその負担も大きくなり、暑くなって柔らかくなると高反発としての機能が低下することになってしまいます。

スプリング(コイル)

スプリングはバネのことです。バネは押し込むとそれを跳ね返すという反動の力が強い習性があり、マットレスではその習性を利用し寝た人間の体を支えて安定させます。

コイルスプリングは、そのまま利用するのではなく、何千という数を並べて利用するもので配置した数の全てでマットレスを安定させ支えます。

デメリットは、スプリングを利用しているマットレスの場合、破損等でコイルが表面に出るとそれで怪我をしてしまう恐れがあるということです。

また、このスプリングはボンネルコイルとポケットコイルの2種類に分けることができます。

ボンネルコイルはスプリングが独立しているのではなくコイルで全て連結されており、それによってマットレスに硬さと弾力を生み出しています。

連結したコイルは、一部分に異常が出ればそれはマットレス自体の異常にも繋がります。それだけでなく、マットレスに加わる力が分散されないので、体に伝わる負担も大きくなりやすいです。

また、振動がマットレス全体に伝わりやすいので、2人以上で寝るベッドでは、先に寝ている人にその影響を与えてしまいます。

寝心地はマットレスで寝ているというより、むしろ布団を敷いて寝ているような感覚に近くなっています。

ポケットコイルは、ボンネルコイルと違って、スプリングが全て独立しています。

ボンネルコイルが面で支えるものですが、ポケットコイルは点で支えるものになっています。全体ではなく一つ一つで支える構造になっているので、スプリングの数はこちらの方が多いです。

また、スプリングが独立しているので、体にかかる負担も分散されやすくなっており、それによって寝る人間の体にフィットした形で寝ることができます。さらに、振動もマットレス全体に伝わらないので2人以上で寝るベッドでも他の寝ている人に影響がありません。

しかし、その反面、一つ一つ支える構造の関係で一箇所に集中的に負担がかかってしまいやすく、バネが劣化すると本来フィットするはずの寝姿勢が不自然になって体への負担が大きくなる可能性があります。

また、湿気が抜け難い構造にもなっているため自分で湿気対策をする必要があります。

良いものを求めるのなら、マニフレックスのブランドが良いでしょう。世界最大の寝具ブランドであるマニフレックスは、硬すぎず、柔らかすぎない、高反発の『エリオセル®』を使用し体をしっかり押し返しあなたにとってより快適な眠りをサポートします。