葬儀の準備には何をする?

葬儀の準備の後には、遺品整理を行いますが、ここでは、葬儀の準備について解説します。

最寄りの遺品整理業者をお探しの場合、遺品整理 名古屋、遺品整理 東京などで調べましょう。

通夜や葬儀の準備を始めるとき、まず葬儀の主催者である喪主を決めないといけません。
喪主は遺族が協議して決めることになります。

喪主は遺族の代表者で、故人に代わって弔問を受ける大事な役割を務めます。また、後々、年忌法要なども主催します。

葬儀では喪主の方が一連の流れを責任をもって行います。このページでは、葬儀での喪主について詳しく解説いたします。喪主は誰が行うのか、実際に喪主になった場合何をすればよいのかといったいざというときに知っておきたい喪主の知識です。

葬儀屋の賢い選び方とは?

通夜や葬儀の準備を始めるときに葬儀屋(葬儀社)を決めます。遺族が望んだ葬儀を行ってくれて、費用も良心的な業者を選びたいものです。

葬儀は誰にとっても慣れないものですが、納得のいく葬儀を行うためには、葬儀社をどう選ぶかが重要です。

日程の決め方について
喪主が決まったら次は葬儀の日程を決めます。

一般的な日程の決め方について

一般的な流れは、

死亡当日→納棺、2日目→通夜、3日目→葬儀、告別式、火葬
となります。

身近な人が亡くなった時、仏教の作法に則って葬儀を執り行うことと思います。

友引の日というのは、死者が友人を呼び寄せるという風習から、葬儀を行わないのが通例となっています。火葬場も友引の日は休みにするところがほとんどです。

友引は「ともびき」と読みます。「ゆういん」と読むこともあったようですが、友引は古くは「共引」と表記したことが見られるので、「ともびき」と読む方が一般的です。

よく友引には葬儀を行ってはいけないと言われています。友引と重なるためにわざわざ葬儀を次の日に伸ばすこともあります。

基本的には亡くなってからすぐに葬儀は行われますが、事情によってすぐに葬儀を取り行えない場合があります。その場合、ご遺体を安置する場所や適切な保管方法を考えるようにしましょう。

また、施設に安置する場合は、料金がかかりますので確認するようにしましょう。

1週間以上経過してしまう場合、費用はかかりますがエンバーミングという方法もあります。
エンバーミングとは科学的処置で遺体を生前のままの姿に保つことです。

喪主や遺族は、僧侶や弔問客の対応に追われるため、葬儀全般の実務を取り仕切る世話役を決めます。友人・知人や会社の同僚などから選ぶのが一般的です。

世話役は基本的に各係の代表です。葬儀の係には、受付や会計、接待、進行係などがあります。